彼女たちの行方

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイ調整奮闘記1

アイの向きを調整すると写真を撮るときに可愛さ倍増と聞いて、ならばアイを外そうではないかという一大決心を致しました。やり始めたら頑張ろうとは思えるけどやり始めるまでが大変な私です。
そして、私の場合ドール調整を始めても数時間でよしできた!って訳にいかなそうです、だって初めてだもの。それに、休日にしかドールはいじれません。平日にも調整したとして、途中でやめて保存しておくということができないからです。やるなら丸一日空けて、目が覚めたら始めてその日中には終わらせたい。

CIMG1434.jpg
という事で、やり始めようと伸子を連れてきました。観賞用の伸子からは一時お別れです。
「写真写りよくなって帰ってきます^^」

では追記にアイ調整の奮闘ログです。
体から外れた頭のみの画像などアリです、素人がふざけたりもしています、ご注意。


デフォルトのウィッグですが、欲を言うならこのスタイルで茶髪だったら尚良かったと思いつつ、私はこれが大変気に入っておりまして。
他にもネットで「あ、いいかも」と思ったものはいくつかありますが、今はこれで満足気味です。
でも容赦なく剥いでハゲにします。

CIMG1440.jpg
今気付きましたがメイクが良く写ってます。
綺麗とか濃い薄いとかは良くわかんない自分が残念ですが、目元メイク大変気に入っております。

CIMG1446.jpg CIMG1450.jpg
蓋を開けた事もなかった私。伸子さんの脳内はこんな感じでした。
テンションゴムがグルグルに入っていて、なんだかうちの子の脳みそってこんな感じだよね…ってむしろ微笑ましかったです。ゴムを出すと…おっ、あれがグルーで雁字搦めのアイですね?
さて、次にヘッドを外します。

CIMG1453.jpg
ヘッドを外すのも初体験でした。もっと言うと伸子が来るまでハンドパーツも外した事ありませんでした。
ゴム引き持ってないので針金のハンガーを持ってきて代用、最初は恐る恐る引っ張るもののそれじゃダメだった…これは思い切りが必要、とガンガン引っ張って…さあ取れたぞ!
自分の頭部を抱えるドールってなんてホラーなんでしょう!しかも笑ってるし。

ではアイ外しに取り掛かります。
教えてもらったブログでは溶剤を使って丁寧に外していましたが、そんなのうちにはないよね…買いに行く線もあれどタイムロスはモチベーション的にも避けたい。(クリヤー買った時に一緒に買えば良かったと思ったけど…そんなの知らなかったよ)
結局今回溶剤は諦めて、ドライヤーで暖めつつ柔らかくなったところを彫刻刀とピンセットでぐにぐにぎりぎりごりごり取っていくという作業になりました。

CIMG1457.jpg
そして奮闘すること一時間半。と、取れた~!
中のグルーを完璧に取る事はできず、しかも慎重にやっていったつもりでもヘッド内に傷を付けてしまいました…外からは見えないとはいえ…ちょっと…ヘコむ…。カスタムする以上うちの子で最初に実験される誰かはこうなる運命であったのだと言い聞かせ…他の子は溶剤使おうと心に決めた日でした。

とまあアイは取れたんですが、この時点で満身創痍の私。アイ外すのがこんなに大変だったなんて。
途中で作業やめるのも嫌でしたが…首のない16ボディで遊んじゃったりして気付けば夕方…今回はここまでです。次の休みにアイの取り付けを行います。
スポンサーサイト

Comment

おお 外れてる!!! 

驚きました。
いよいよ外しましたね・・・
ヘッド内はどうしてもキズが付きます。
それでも慣れてくるとまったく無傷で外せるようになりますよ。
しかし溶剤は必修かな。

さてアイをつけるときはパテは必要です。
ボークスのアイ専用があります。
そのほかにヒャッキンとかの引っ付き虫とかという文具用品のパテも使えます。
こちらは粘着力が強いので好きな方が多いです。
私は粘着力が弱いボークスのパテのがすきですが・・・

使う時はまず少量を下睫毛の下のくぼみに丸めて置きます。
そこにアイを綺麗にしてから押し付けて固定します。
少々上目使いから下に向けてください。
その逆はパテがアイホールから出てくるときがあります。

パテが顔につかないようにしてください。
メイクが剥がれることがあります。

アイはバラツキがあり瞳の大きさがちがっていたり虹彩の色や虹がぼやけていたりといろいろあります。
中には空気の泡があったりします。

そういうのをよくみてアイを回転させたり左右を変えたりしてきれいなところを使ってください。

きれいなアイでも回転させるだけでも雰囲気が変わりますよ。


注意をひとつ
万が一怪我とかして血が出たら絶対にドールにはつけないでください。
スポンジのように染み込んでしまい黒っぽい染みが削っても取れないそうです。
  • posted by Rui 
  • URL 
  • 2012.02/25 21:16 
  • [Edit]
  • [Res]

 

アイ下だけで仮止めしたら上にも大きめな塊をあとから押し付けて仮止めしてください。
当分はつけたり外したりといじることが続きますので回りをガッチリとはつけないほうがいいと思います。

マツゲにパテが絡まないように注意してください。


それとドライヤーはお勧めしません。
マツゲがチリチリになることがあります。
素体やメイクにも悪影響をおよぼしかねませんしね。

わたしも1st「亜美」のころは使ったことがありますがいまはまったく使っていません。

調整したらまず写真テストをしてくださいね。
うまくいったと思っても写真撮るとヨリ目とかっていうことがざらです。
  • posted by Rui 
  • URL 
  • 2012.02/25 21:36 
  • [Edit]
  • [Res]

 

もうひとつあった。

睫毛がもし剥がれそうならひどくならないうちに手当てしましょうね。
アイいじりだすとどうしてもはがれが起きます。
いつ起きてもいいように接着剤だけは常備してください。
絶対に瞬間接着剤は使わないでください。

木工ボンドなら乾く前なら水でおとせますが粘りがないので使いにくいのです
私は(セメダイン スーパーX)という接着剤を使っています。
これは粘りがあるので使いやすいです。
ボークスもこれを使っています。
細いドライバーで剥がれそうなところに少しヌリヌリしておきましょう。
この接着剤を剥がすのもX-20を塗ると剥がすことが出来ます。

  • posted by Rui 
  • URL 
  • 2012.02/25 22:57 
  • [Edit]
  • [Res]

難しいですね… 

こんにちはRuiさん。お返事遅くなりましたごめんなさいっ><
アイを外す際付けてしまった傷は亜美ちゃんに「ごめんね」と謝って許してもらいました…(本当に許してもらえたのか?笑)
ドライヤーはダメでしたか…!グルーが柔らかくなるので調子に乗って当ててしまいました…今回は睫毛は無事のようですが、やはり溶剤は必修と思い知りました。次回は必ずそうします。

毎度丁寧なご説明とアドバイスありがとうございます。何に気をつけなくてはいけないか、他の方がどうやって調整しているのか、独学には限界もあるし、初心者のおかしそうなミスを先回りして指摘して頂けるのが非常に助かっています。
アドバイス通りセメダインを用意した後に時間を見つけアイをいじくり倒しましたよ!難しい…!という感想に尽きます。
最終的には自分が「これでいい」と思ったものが正解だとは思うのですが、調整を続けるうちに自分の思う正解も行方不明になっていき、混乱するばかりでした。苦笑
でも取り合えず初心者なりに「これでどうだろうか…」というところにまで落ち着きまして。今度ボディくっつけて写真撮ってみます^^
  • posted by かおり 
  • URL 
  • 2012.03/03 01:40 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。